お水の世界だからこそできること

ラウンジを辞めてキャバクラに転職

最初は学生時代に高時給が魅力で軽い感じでバイトとして働き始めたのが夜の接客(いわゆる水商売)の世界に入ったきっかけでした。始めは酔っぱらったおじさんたちのお相手をするのは大変でしたが慣れてくると、時給の高さもあってそのままラウンジで働くようになりました。常連のお客さんも増えてそれなりに満足はしていましたが、ラウンジと違って一人のお客さんについて接待するキャバクラの働き方にも興味を持っていました。1対1の方が大変そうに感じる方もいますが、私は何人ものお客さんの接待をするよりも1対1の方が簡単そうに思えました。それで求人広告に載っていたキャバクラに取り敢えず体入。そのお店のお客さんは年齢層が高めでラウンジとあまり変わらないこともあって、初日からあまり不安もなく働く事ができました。最初に思った通りで一人のお客さんだけの接客は慣れると全然楽なのでそのままキャバクラに転職しました。収入も変わらず移って良かったと思っています。